So-net無料ブログ作成

弾丸台湾2018~その3・早朝の電車で海線へ~ [2018年06月弾丸台湾]

03_00.jpg
出発時間が近くなりましたので台中駅の改札を通ります。ここからは区間車利用で乗鉄なので、悠遊カード利用で改札を抜けていきます。

03_01.jpg
6時14分発の竹南行き成追線の区間車2602次に乗車します。

03_41.jpg
この列車は山線成功駅まで南下し、成功駅から追分駅を海線山線の短絡線(成追線)を通り、海線を北上し、山線の竹南駅へ向かいます。成功追分間の連絡線を通るため経由が成追線となります。成功駅・追分駅の南にある彰化駅から北上する列車や、北側の山線・海線分岐駅の竹南駅から各路線に入る列車に関しては経由が山線・海線の表記になります。成追線については、成追線経由海(山)線直通というイメージですね。

03_02.jpg
プラットフォーム1Aには台中始発台東行きの自強号がとまっていました。この列車は高雄まで西海岸側を南下し、そこから東海岸側に抜けて北上する列車です。

03_03.jpg
乗車する列車が到着

03_04.jpg
列車側面には成追線経由である事が表示されます

03_05.jpg
この列車の山線最後の駅(正確には終点の竹南駅も山線)である成功駅

03_06.jpg
成追線を通り海線最初の駅となる追分駅

この2駅ですが台湾では縁起の良い駅として有名です。私も以前訪問・乗車しましたが、追分→成功は分かれ道→成功という意味合いで、物事が成功するという縁起の良さから、この2駅の切符を購入しお守りにするのがよいとされています。

03_07.jpg
台中駅から約1時間で最初の目的地である大甲駅に到着。ここを最初の目的地にしたのは海線の中では大きめの駅である事、途中下車しても時間的ロスがほぼないこと、駅から歩ける範囲に観光地がある事などから選びました。ちなみに台中駅からは路線バスでも来ることができます。そもそも台中市内です。

03_08.jpg
駅の様子
朝7時すぎということで、通学の学生の姿が目立ちました。

03_09.jpg
次に乗る列車の時間をチェックし街へ繰り出します。

03_10.jpg
大甲駅

03_11.jpg
駅から5分弱で目的地の大甲鎮瀾宮に到着。

大甲鎮瀾宮についての詳細は台湾観光局のサイトでご確認ください。
https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003112&id=R18

03_12.jpg
入口から入ります。航海の女神様を奉っているからかお宮は海側を向いています。駅側からだと裏口から入る感じですね。

03_13.jpg
03_14.jpg
03_15.jpg
03_16.jpg
大甲鎮瀾宮の様子
朝7時すぎですが、多くの方が参拝に来られていました。自分も安定の見様見真似で参拝。

03_17.jpg
参拝を終えて駅に戻ってきました。駅前の温度計は33度を表示。というか、朝の台中の時点で30度超えてましたけどね。

03_18.jpg
大甲をイメージした装飾のコインロッカー

03_20.jpg
大甲城の説明

03_19.jpg
駅舎内の様子

03_21.jpg
新竹行きの区間車2514次で北上します。

03_22.jpg
先頭車両最前部は荷物輸送エリアでした。各駅で配達・集荷をおこなっていましたが、民間輸送ではなく台鉄社内輸送のようです。一部駅にはお弁当(数個なので駅員用?)の配達もありました。

03_23.jpg
海線といっても大甲までは内陸部を走行していました。大甲から先は海沿いに近づいていきます。

03_24.jpg
日南駅
日本統治時代の木造駅舎です。宮崎県の日南駅と姉妹駅になったというニュースを見聞きしたような記憶が。

03_25.jpg
大甲駅から25分ほどで次の目的である新埔駅に到着。

新埔駅の様子

03_26.jpg
03_27.jpg
跨線橋からは海が見えます。

03_30.jpg
03_28.jpg
03_29.jpg
新埔駅駅舎は日本統治時代に作られた木造駅舎です。建物としては問題ないですが、海沿いという立地条件もあり外壁はかなり痛んでいる感じです。

新埔駅では約1時間時間がありますので駅周辺を散策します

03_31.jpg
駅前の道路を南に進みます

03_32.jpg
観光案内

03_33.jpg
私有地のような遊歩道を歩いて行きます

03_34.jpg
私有地ではなく遊歩道です

03_35.jpg
さらに進むと海が見えてきました

03_36.jpg
海沿いの道路にでました

03_37.jpg
海沿いの遊歩道に到着
この遊歩道は台湾一周のサイクリングロードにも指定されています。夏場は・・・ですが、季節がよければサイクリングも気持ちよさそうですね。気温こそ34度オーバーですが、風が心地よかったです。海へ降りることもできます。砂浜でしたので夏場は海水浴を楽しむ方もいるかもしれません。

03_38.jpg
休憩所もあります。ご近所の方が子供と散歩していました。

03_39.jpg
休憩所近くにあった基準点

03_40.jpg
このあとこちらの公園に潜入します

つづきます
タグ:台湾旅行
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。